3年パチ組ガンプラ先生!

ガンプラ製作日記。宇宙世紀がメインです。

アクリジョンをエアブラシで吹くコツ

難しいと言われるアクリジョンですが、コツをつかめば大丈夫。習うより慣れろてやつです。今日はちょっとしたコツを書きたいと思います。

1.丁寧に1:1で希釈する。塗料皿で計ってよく撹拌する。
2.ニードルストッパーは吹き出し量全開。予め試し吹きをしてスムーズに出るか、どのくらい量が出るか確認する。
3.スムーズに出ない場合
何回か最大に吹き出してみる。
ノズルの先を専用のクリーナーを付けた綿棒で清掃する。
エアブラシ用薄め液を1滴単位で落としてうがいし試し吹きをしてみる。
それでもだめなら一度塗料を全部捨てて清掃してやり直す。

コツ、一度に用意する塗料は1から2cc程度に抑える。

ビルドファイターズのGM/GMを製作した話

ビルドファイターズは初めてです。宇宙世紀の系列がメインなのですが、格好いいと評判でしたので組んでみました。
今回はアクリジョン塗装を基本にエナメルは使わず、ウェザリングカラーとウェザリングマスターのみで仕上げる予定です。シンナーの匂いがしないガンプラ制作です。

もうキットの方は合わせ目消しも皆無。段落ちになっていたりうまく考えられています。
(最近はそうですけど)

注意したいのは腕の組み合わせ。ポリパーツと腕のはめ込みがきっちり合わずに難儀しました。対策としてはポリパーツは削らず、腕の方のU型の受けを削って調節してみてください。この作業で塗装もやり直し、調色した色が無くなり色合わせに苦労したり。(実際よく見ると微妙に違う)大胆にやすったので両腕だけサフっています。


ジムの白はちょっとエメラルドグリーンが入っています。純然たる白でもいいと思いますが、ここはジムらしく少しエメグリの入った白にしたいと思います。残念ながらエメラルドグリーンが手持ちでなかったので、ルマングリーンとインディブルーを1滴ずつ落として様子を見ながら色を作りました。なので調色レシピは無しです。感です。適当です。すいません。

アクリジョンの白系は隠蔽力が無いのでグレーをベースに吹いてジムの白を重ねていきました。


注意したいのはアクリジョンの白系で調色したカラーは前述した通り隠蔽力のなさから何回も吹き重ねることになります。想像以上に塗料を消費するのでひと瓶くらい調色して用意しておくといいでしょう。同じ色を作るの大変です。レシピでもちゃんと残しておけばいいかもしれませんけれども。

ついてくるシールは頭のグリーン部分。(センサーかな?)しかついてこないので、連邦系の水転写デカールを好みで適当に貼ってみました。ウェザリングカラーのグレイで墨入れ。ウェザリングマスターのススでエッジに軽くのせて最後につや消し吹いて終わり!


いや、もうヤラレ役のジムの面影がありません。カッコよすぎです。関節も適度に固く可動域も広くポージングもよく決まります。カスタマイズ性も高いので改造母体として末永く愛されるキットになるんじゃないかと思います。多分また買いますねこれ。(笑)

ランバ・ラルのブグを作ったお話

ジオリジン5話目 激突ルウム会戦が公開になって日が浅いですが、いいですねえオリジン。
プラモの方も作ってみましたよ。
ランバ・ラル機のブグです。初代機動戦士ガンダムには出てこないので馴染みがないですが、格好いいんだよねこれ。ブラモの出来もすごく良くて、普通に組んでも合わせ目が出てこなくて初心者向き。可動域は最近のHGUCと比べちゃうとアレですが、立たせてるだけで見惚れてしまう格好良さ。ぜひ作って欲しいと思います。オリジンのガンプラはスジボリもそこそこしてあってパチ組でも格好良く見えます。C型のザクも発売されてますのでそのうち作って見る予定です。

今回はオリジナルカラーで塗る予定(厳密にはネットにあった作品のパクリ)なのでサフ代わりにグレーのアクリジョンをふいています。

最近やってるのが関節の色ぬり。金色に塗ることでなんちゃってRGにしています。

とにかくHGは塗ってもサクッと組み終わってしまうのでストレスフリー。使ったカラーはアクリジョンのミディアムブルー、グランプリホワイト、黒に近い色はジャーマングレー。動力パイプはシルバー。

スミ入れはウェザリングカラーのステインブラウン。スミ入れとウェザリングが同時にできる感じ。溶剤でかなりしゃぶしゃぶに薄めて塗装面に塗り、ほうきではくような感じでモールドに落とし込んでいけば簡単です。
あと、わかりにくいですがベース色にホワイトを足した色をハイライトにのせて吹いてます。更にウェザリングカラーのホワイトでハイライトにしています。そのホワイトもかなりしゃぶしゃぶで置いて乾いたらティッシュで拭き取る感じです。ティッシュで拭き取ると何故かきれいに馴染む感じがします。
エナメル塗料でのスポンジポンポンも足していきました。

完済品はこちら。

MS-06 量産型ザク (機動戦士ガンダム サンダーボルト)を作ったときの話

またザクですか?ておっさんはザクが好きなようです。いいんです。量産型ザクにサラリーマンの哀愁を重ねて涙が出るのです。
サンダーボルト知ってます?なんか大人のガンダムだよね。ちょっと見たことあるけど。
背中にいっぱい荷物背負ってカッコいいよね。
重力の下ではちゃんと立たないけどね。
ザク自体のバランスはまずまず格好いいね。やっぱりF2 のザクが一番かっこいいけど。
組み立てはいたって簡単。リュックサックがあるけど、まあ、それほどでも。


合わせ目消しのところは接着剤で固定して、黒瞬間接着剤で埋めます。意外とうまくいかなくて何回かトライすることもあるんだよね。パテはくさいしね。サフすら最近吹いてないし、塗料はアクリジョンメインに切り替えてますし。
塗料の話も折り混ぜて書きますね。
ついてくるシールも薄めでそんなに目立たない。つや消しとか吹いてうまいことやれば使える感じだね。

ちなみにアクリジョンのつや消しはこんな感じ。ドレッシングみたいですよ本当に。まあ、筆でつや消し塗る人はいないと思いますが、エアブラシ用薄め液で割れば普通に吹けます。

アクリジョンのゴールドは意外と隠蔽力がなくて何回も吹く感じになります。シルバーは大丈夫なんだけどねえ。
完成はこちら。それにしてもアクリジョンのジャーマングレイは使いみちが多い。関節や武器まで塗れます。隠蔽力もあってなかなかです。

エナメル溶剤でアクリジョンの塗膜は剥がれるのか?大実験!

前回の投稿を実際検証してみよう!ということで三種類の色を塗って1日乾かしエナメル溶剤で拭き取ってみるという実験です。

左 グランプリホワイト
真ん中 前回のランドセルに塗ったマホガニーベースのオリジナル色。(前回の記事で剥がれた色)
マホガニー
塗料はエアブラシ用溶剤で1:1に薄めたものをエアブラシで3回ほど塗装。1日自然乾燥。その後タミヤエナメルのニュートラルグレーで線を描いて半分をタミヤエナメル溶剤で消す。
エナメル塗装は2時間ほど時間を置いてから実験開始。


結果、グランプリホワイトは色のせいか全くわからない。塗装が剥げた様子がない。

マホガニベースのオリジナル色。
エナメルで拭いたところはツヤが出でしまう。塗装の剥げは無し。

マホガニー 同じくエナメルで拭いたところはツヤが出てしまうが剥げは無し。

実験2
綿棒にエナメル溶剤を浸し、50回ふき取る動作をする。
グランプリホワイトは黒い綿棒がないので割愛。

オリジナル色もマホガニーも色が落ちている。剥げるまではいかないが確実に色は落ちている様子がわかります。

結論
可能な限りエナメル溶剤で拭き取らない方がいい。ただし汚しを施すなら絶対ではない。目立たないなら。MGサイズとかで綺麗に作りたいならエナメル溶剤でふき取りはすべきでない。
以上。

今後ビン生。(塗料瓶から直接塗ったもの)も検証して見たい。

アクリジョン塗装の上からエナメル溶剤でふき取ると剥げるのか?

おはこんばんわ。塗装はアクリジョンを使用しているタケシです。基本塗装はアクリジョン。チッピングや細かいところはエナメルで塗っていることが多いです。はみ出しても綿棒に溶剤つけてこすれば取れますからね。ところが、
ツイッターでアクリジョン塗装の上からエナメル溶剤でふき取ると塗装が剥げるという情報を得ました。
実は「え?ほんと?いつもやってるけど」なんでもないよ。と思っていました。

エナメルは伸びが良くて乾きが遅いので、はみ出したらエナメル溶剤で拭き取れるというメリットがあります。
結論からすると多少影響は出るが問題ない色と、ベロっと剥がれちゃう色があるのではないか?と言うことです。写真はマホガニと黒系の色で調色したものを塗ったランドセルですが、エナメル溶剤で拭き取ったら見事に剥がれました。
ボディーに塗ったミディアムブルーとか、グランプリホワイトはそんなことがなくてウェザリングをしているせいもあるでしょうが全く気にならないレベルです。
一説にはエアブラシ用の薄め液を混ぜると剥がれやすいとか聞きます。完全乾燥したら問題ないのかもしれないしね。
エナメル溶剤でなくライターのオイルの方が揮発が早く良いと聞くのでそのうち試してみたいです。

ザクの調色メモ

アクリジョンのカラー番号
ボディー側 N36:N127=2:1
手足とか薄い方 N36:N127=1:3