3年パチ組ガンプラ先生!

ガンプラ製作日記。宇宙世紀がメインです。

ガンプラ HGUC 機動戦士ガンダム RX-77-2 ガンキャノン 1/144スケール 制作レビュー

ガンプラも三体めとなるガンキャノンです。宇宙世紀0079世代としては、ガンダムガンキャノンガンタンクと連邦のモビルスーツ三兄弟ですわ。たのきんトリオに例えれば、マッチ、トシちゃん、よっちゃん。みたいな感じですよ。(ネタが古くてすいません)
ガンタンクは置いといても、ガンキャノンて密かに人気あると思うんですよね。やや太めの体型で肩から伸びる強そうな砲塔。ガンダムにはガンダムガンキャノンにはガンキャノンの良さがあるわけですよ。
ちなみに、私がホワイトベースに搭乗してブライトさんからガンタンクに乗ってくれないか?と言われたら速攻で断ります。絶対死亡率高いでしょ。あれ。
ガンタンクファンの皆さんごめんなさい。

今回あまり写真を撮らなかったのです。製作中て集中するしね。これはゲート処理失敗して凹んでしまったのを黒い瞬間接着剤で埋めたところです。これね。便利なんですが、エアブラシかけても黒が透けちゃうので大変なんですよね。塗装を弾くという感じ。だから次回から、サフを吹くぞ絶対!と思った出来事です。
そうそう、今回は全部塗装で進めてます。形成色なので塗り分けは簡単なんですけどね。見た目で何色塗るかわかるでしょ?今回はランナーの状態でエアブラシで塗装しました。ゲートは後で部分的に色塗って隠すつもりです。

あとね。紙コップにパーツごと分けておくとわかりやすいなって思いましたよ。

今回は別売りのデカールを買ってみました。情報量が増えて見栄えはいいですね。水転写デカールは慣れてるので問題ないです。

厚みがなく、ソフターなんかも使えばクリアー吹いた後は全く段差がわからないからね。標準につけて欲しいです。


デカール後つや消しクリアー吹いて墨入れとウェザリングを施し完成。
全体的なフィルタリングはクレオスのウェザリングカラー。角などの擦れはエナメル塗料でドライブラシが良いかなと思っています。できるだけ汚く無いウェザリング方向に持っていっていますのでエナメルのドライブラシがメインと思います。
黄色は形成色そのままに使ってます。全面塗装にこだわらなくても良いかなと思います。結果オーライであればね。(単に面倒臭くなっただけですけどね)
全体的に細めでプロポーションもいいと思います。昭和体型では無いことは確かでしょう。肩はポージングして動かしているとよく外れるなーという印象でした。
次はオリジン版シャアザクの話とかでも。
またね。