3年パチ組ガンプラ先生!

ガンプラ製作日記。宇宙世紀がメインです。

ビルドファイターズのGM/GMを製作した話

ビルドファイターズは初めてです。宇宙世紀の系列がメインなのですが、格好いいと評判でしたので組んでみました。
今回はアクリジョン塗装を基本にエナメルは使わず、ウェザリングカラーとウェザリングマスターのみで仕上げる予定です。シンナーの匂いがしないガンプラ制作です。

もうキットの方は合わせ目消しも皆無。段落ちになっていたりうまく考えられています。
(最近はそうですけど)

注意したいのは腕の組み合わせ。ポリパーツと腕のはめ込みがきっちり合わずに難儀しました。対策としてはポリパーツは削らず、腕の方のU型の受けを削って調節してみてください。この作業で塗装もやり直し、調色した色が無くなり色合わせに苦労したり。(実際よく見ると微妙に違う)大胆にやすったので両腕だけサフっています。


ジムの白はちょっとエメラルドグリーンが入っています。純然たる白でもいいと思いますが、ここはジムらしく少しエメグリの入った白にしたいと思います。残念ながらエメラルドグリーンが手持ちでなかったので、ルマングリーンとインディブルーを1滴ずつ落として様子を見ながら色を作りました。なので調色レシピは無しです。感です。適当です。すいません。

アクリジョンの白系は隠蔽力が無いのでグレーをベースに吹いてジムの白を重ねていきました。


注意したいのはアクリジョンの白系で調色したカラーは前述した通り隠蔽力のなさから何回も吹き重ねることになります。想像以上に塗料を消費するのでひと瓶くらい調色して用意しておくといいでしょう。同じ色を作るの大変です。レシピでもちゃんと残しておけばいいかもしれませんけれども。

ついてくるシールは頭のグリーン部分。(センサーかな?)しかついてこないので、連邦系の水転写デカールを好みで適当に貼ってみました。ウェザリングカラーのグレイで墨入れ。ウェザリングマスターのススでエッジに軽くのせて最後につや消し吹いて終わり!


いや、もうヤラレ役のジムの面影がありません。カッコよすぎです。関節も適度に固く可動域も広くポージングもよく決まります。カスタマイズ性も高いので改造母体として末永く愛されるキットになるんじゃないかと思います。多分また買いますねこれ。(笑)